· 

上向き姿勢

上向き姿勢

寝相には大別して上向き、横向き、うつ伏せの3つになりますが、上向きと横向きは寝返りがで切り替えが出来ますが、うつ伏せは別物のようですね。

まくらやマットレスの宣伝では横向きはあまりみかけなくて、上向きが多いのはなぜでしょうね。

上向きでは身体の平らな部分(肩、背中、腰、臀部)が布団やマットレスに接触するので、脊椎の湾曲を妨げない柔らかい布団やマットレスがいいのですが、沈み込みすぎると、寝返りに力が必要になり、高齢者には辛くなってきます。

腰が痛い方には、柔らかい布団やマットレスは避けた方がいいとはこのことですかね。

知り合いの腰が痛い人(ゴルファーが多い)聞いてみたら、横向きが多かった。

 寝相ではないですが、睡眠の前後に足のストレッチや体操には上向きが便利ですね。

「足指のぐうちょきぱー」とか「足首から先を内回り外回り」とか「片足の膝を曲げて立てもう一方の足を伸ばして10cm程上げて10-20数えて、足を代えて同じく、これを数回」とか色々あります。(私は目覚めたら、やるようにしてます)

そこそこに硬い布団やマットレスですと、胸を開くには向いていますね。